投稿

1月, 2011の投稿を表示しています

歴史講座再開

難波先生の歴史講座が再開します。

題して

「柿ノ本人麻呂像が一変する、DVD鑑賞会」

2月、3月の第一木曜日、 2月3日、3月3日  
場所はJCCルーム
2時から5時まで。

多くの方の参加をお待ちしております。
詳細は、難波先生 030-2884947におたずねください。

ストリッペンカードお譲りします

ロッテルダムに始まりアムステルダムそしてハーグと「ストリッペンカード」が使えなくなる地域が増えてきました。
手元に使っていないストリッペンカードがありますので、どなかた必要な方にお譲りいたします。ご希望のかたは、ファン・サンテンさんまでご連絡ください。

コーラスグループの活動

イメージ
“カーネギーホール”とは言いませんが、ヤクルトホールでコンサートなんちゃって・・・ 初夢です!!


“Rachel Ann 先生の指導で先ずは腹式呼吸の練習。
先生のお腹は息をいっぱい吸った状態だと「ポンポコ狸ちゃん」みたいにふくらむのに、私達のは金魚のお腹みたい。

先生は楽譜の1ページくらいは息継ぎ無しで平気なのに、私達は1小節毎に息を吸っている。
ヤクルトホールへの道はまだまだ遠いみたい。
先生がフォルテシモで歌われたら上條家の床が震えました。 私達も震えました。


大声を出してストレス発散。そしてティータイムにはチョコレート、羊羹、クッキー etc.でエネルギー補給。
消費カロリーより取り込むカロリーの方がうんと多いかな?
でも とても楽しいのです。



「無期限にコーラス参加者募集」 「老若男女問わず」 「毎月第3水曜日にお待ちしております。」
問い合わせ:松永まで ymatsu@planet.nl

日本とオランダのよい面を挙げてみませんか。

日本を離れて住む私達は、意識して、或いは無意識で、日本とオランダを較べていませんか? 将来日本を終の住家とする可能性のある人は、その比較もコンスタントなものかもしれませんね。日本で住む可能性の少ない人にとっては、オランダの良いところを懸命に探しているかもしれません。
両国のポジティブな面を皆さんで羅列して見ませんか? 一人では気づかない面も出てくるかもしれません。ちょっと例を挙げてみます。

オランダ 自分の住まいが現在ここにある 近い家族が住んでいる〔子供、孫、義兄弟、姉妹 生活期間の長さから現況の理解出来る友人を持つことが可能 夏、冷房の必要ない生活が心地良い うるさい親戚付き合いをしなくて良い 冠婚葬祭での出費も少ない 緑が多い。 花が安い 住居の面積が平均して日本より広い 目下屋根と贅沢でない食べ物は保障されている〔社会保障〕

日本 言葉に不自由がない  自己表現への苦労も少ない 社会情勢について行きやすい 若い頃の友人への接触が容易〔同窓会出席など〕 晴天が多い〔特に冬に〕 和食の食材に不自由しない チップを心配しなくて良い タクシーが何処でも拾える
みなさんのご意見やご感想をぜひお聞かせください。下のコメントに書きこんでくだされば、他のかたも見ることができます。

日蘭シルバーネット2011年新年会

イメージ
オランダは12月後半からずっと雪や氷に埋もれた寒い日が続いておりましたが、16日(日)は朝から快晴で暖かいお天気に恵まれました。60名以上の会員やゲストのかたがたが、オランダ各地やイギリスそして日本からもご参加くださいました。


お忙しいところ日本大使館の諏訪領事、そしてアムステルフェーンのファン・ザーネン市長からもご挨拶をいただきました。市長はこの新年会の様子をご自身のブログに綴っておられました。

後藤真起子さんによる の演奏や演劇そしてコーラスというイベントも皆様楽しまれたことと思います。




そして、会員のかたがたが持ち寄られたお食事は目を見張るほど豪華でした。







役員のかたがた、有志のかたがた、お疲れさまでした。
お陰さまで楽しい新年会となりました。